牛乳のCT値っていくら?

牛乳のCT値をインターネットで検索したんですが、出てこなかったので調べてみました。

牛乳のCT値は、ズバリ!39でした!!

水よりも高い値でした。

研究をされている方の、何かの参考になればと思います。

そもそもCT値ってなに?という方

放射線技師の方なら誰もが知ってるCT値。

CTを撮影したときに得られる値です。このCT値は、CTで撮影したときの画像の白黒の度合いを表しているデジタル値です。

エックス線の透過について

CTだけでなく、医療現場で使われる放射線ですが、最も利用される放射線は、エックス線です。

CTでも、もちろんエックス線を利用して、画像を得ています。このエックス線、物質を通り抜ける能力(透過性)があることは、多くの方がご存じだと思います。

エックス線が物質を通り抜けたあと、検出器といってエックス線を検知する機械で受け止めます。すると、エックス線が来たぞ!と反応するわけですね。

一方、透過させている物質が大きくなったりすると、さすがのエックス線でも通り抜けられなくなってしまいます。

そうすると検出器は反応できないですよね。

つまりエックス線が、通り抜けやすいものは検出器がたくさん反応し、通り抜けにくいものは反応が弱くなるわけです。

こうして、白黒の強度がでてきて、コントラストがつくのです。

このエックス線の透過能力、ある法則があります。

それは、原子番号が高いものと物質の密度が高いものは透過性が下がるということです。

骨とか鉄とかはこのようにエックス線を止めやすい性質があるんですね。

CTでは、このエックス線の透過の具合を数値にして画像にしています。その数値がCT値というわけです。

この透過性の基準として用いられるのは、水です。水のCT値をゼロとして、他の物質のCT値が決められるのです。ちなみに空気はマイナス1000となっています。

まとめ

今回、牛乳をCTで撮影しました。単純にCTの寝台の上にパックの牛乳を置いて、撮影。

CT値を測ると、だいたい39でした。

いろいろな牛乳を試したわけではないので、成分によって値が若干変わり、正確なデータではないかもしれません。

しかし、大きくは外れていないと思います。

ちなみにキャノン製の80列CT(Aquilion prime)を使って管電圧は120kVで撮っています。

メーカーによって値は変わると思います。

このページを真剣に読んでくださっている方の、何かの参考になれば嬉しく思います。

検査の仕組みや、疾患などを解説