心筋負荷シンチグラフィーってどんなことをするの?

心筋負荷シンチグラフィーを受けることになったけど、いったいどんなことをするのでしょうか。今回は、心筋負荷シンチグラフィーについて、解説します。

心筋とは何?

“心筋”とは、心臓の筋肉です。心筋によって心臓が拍動されるために、全身に血液が行き渡ります。心筋は生きていく上で必要不可欠なものなのです。

心臓にも酸素や栄養が必要

全身の筋肉だけでなく、身体のいろいろな組織が血液を必要としています。もちろん、心臓もその一つです。心筋を動かすためには酸素や栄養を送ってあげなければなりません。この心臓に酸素や栄養を送るのは冠動脈と呼ばれる、3本の血管です。3本のうち1本でも、詰まってしまい血液がうまく心筋にいかなければ、虚血性心疾患と言い心筋がうまく働かずに胸痛などの症状を引き起こしてしまいます。長く虚血状態(血液が心筋に行かない状態)が続くと、心筋梗塞といって、心筋の細胞が死んでしまうこともあるのです。心筋梗塞になってしまうと、心臓が正常に働かなくなってしまい、最悪の場合、死に至ります。冠動脈は、生きていく上で欠かせない大切な血管の一つなのです。

RI薬剤をシンチカメラを使って画像化するシンチグラフィー

シンチグラフィーでは、静脈注射によって、体内に微量な放射線を出す物質を入れます。このとき体内に入れる放射線を出す物質のことを放射性同位元素(RI薬剤)といいます。体内に入ったRI薬剤は身体の内側から放射線を放出し、その放射線はシンチカメラと呼ばれる特殊な装置によって体外から検出することが可能です。検出された放射線が、どの場所から出ていたのかを画像化することによってシンチグラフィーは行われます。

RI薬剤は、血流に乗って心臓に集まる

心筋シンチグラフィーでは、体内に入ったRI薬剤が血流に乗って、心筋に集まります。この心臓に集まったRI薬剤から放出される放射線量を調べることで、心臓に行った血液の量を調べることができるのです。これが心筋シンチグラフィーと呼びます。

負荷って何?

ここまでは心筋シンチグラフィーについての解説でした。ここからは、心筋“負荷”シンチグラフィーについての説明です。

負荷というのは、心臓に負荷をかけることです。人は走ったり、自転車をこいだり、泳いだりと激しい運動をすることで心臓に負荷をかけています。負荷をかけている状態とは、つまり心臓がものすごく活発に動いているとき。他の筋肉と同様に、動いている筋肉にはたくさんの酸素が必要になります。運動をしていないで、安静にしているときに比べると、負荷をかけたときにはたくさんの血液が必要になるのです。このとき先ほど説明した冠動脈が正常であれば、必要な血液が心筋に流れ込みますが、冠動脈に狭窄があったりすると、負荷をかけたときに心筋へ流れる血液が不足しやすくなります。これを労作性虚血と呼びます。

心筋シンチグラフィーに負荷をかけることの必要性が理解できたでしょうか。

どうやって負荷をかけるの?

心筋負荷シンチグラフィーにおいて心筋に負荷をかける方法は大きく2種類あります。

一つは運動負荷、もう一つは薬物負荷です

運動負荷というのは、名前の通り運動をして心筋に負荷をかける方法です。エルゴメータ(自転車こぎ)やトレッドミル(ランニングマシン)といった機材を使い運動をします

対して薬物負荷というのは、薬剤を使って心臓に負荷をかけます。薬物負荷は運動ができない人に対して行われます。運動ができないというのは、自転車がこげないほど足腰が弱っている場合などです。

基本的には運動負荷の方が日常生活に近い状態の負荷が得られるので、運動に問題ない場合には薬物負荷は選ばず運動負荷が第一選択になります。

負荷時の画像と安静時の画像を見比べる

心筋負荷シンチグラフィーでは、基本的に負荷時と安静時の両方を撮影し、見比べます。

画像に写った心臓に欠損があれば、その部分には血流が行っていないことになります。負荷をかけたときに欠損があり、安静時には欠損がなければ、負荷をかけたときだけ虚血になっているので虚血性心疾患が疑われます。

一方、負荷時に欠損、安静時にも欠損があれば、その欠損している部分の心筋組織が壊死していることになります。つまり、治療で血管の狭窄を直しても心筋が復活することがなく、治療するメリットがないということの判断につながるのです。

検査時間について

負荷時と安静時の2回の撮影があります。負荷時の撮影では負荷をかけるための時間があるので、10分程度時間が加わり30分から1時間程度で済みます。安静時の撮影では、撮影だけなので、15分から30分で済みます。

安静時をいつ撮るのかは施設によって異なる

安静時の撮影は、負荷をかけてから3、4時間の休憩を挟んだ後に撮影する場合や、先に安静時の撮影を済ませてから負荷検査をする場合2日に分けて撮影する場合などがあります。これは、施設によって医師の体制が違ったり使っている薬剤が違うことによって変わります。

使っている薬剤の種類は大きく2種類

テクネシウムと呼ばれる元素のものとタリウムと呼ばれる元素のものの2種類です。このRI薬剤の違いについて細かく説明すると、ややこしくなるので、ここでは簡単な特徴だけ説明します。

タリウムでは、

  • 負荷時に注射(RI薬剤の投与)をして安静時には注射の必要はないので、注射が1回で済む。
  • テクネシウムに比べると被ばくが多くなる。
  • 食事を食べると肝臓にRI薬剤が行き、検査に影響がでる。

一方、テクネシウムでは、

  • 注射は2回必要になるので、医師の体制によってはできない施設もある
  • 被ばくはタリウムに比べると少ない
  • 食事による影響を受けない

などの特徴があります。

撮影は何するの?

負荷をかけるのは、理解できましたが、撮影自体は何をするのでしょうか。

撮影は、横になって検査台の上に寝てもらうだけです。体幹部には近い距離にシンチカメラという機械が来ますが、頭は装置の外にありますので、頭部のMRIなどに比べれば、比較的開放感はあるでしょう。体に入ったRI薬剤から放出される放射線を拾います。金属が撮影範囲にあると放射線をせき止めてしまうので、検査の時には撮影範囲に金属がないようにしましょう

まとめ

今回は、心筋負荷シンチグラフィーの説明でした。検査の流れとしては、運動する、もしくは薬によって心臓に負荷をかけて撮影、そして安静時にも撮影といった具合です。負荷をかけていると、心筋に流れる血液が不足し、胸が苦しくなる場合もありますが、その時は気軽に負荷をかけている医師に伝えましょう。しっかりと負荷をかけることで正しい診断につながります。運動負荷は疲れますが、頑張る甲斐はある検査です。