医用画像の保存と参照ができるシステムPACSについて

PACSは、医用画像を電子データとして保存、参照ができるシステムです。

PACSで用いられる医用画像では、DICOM規格と呼ばれる規格を採用しており、MRIやCTといった異なる装置で撮影された医用画像でも、問題なく保存、参照ができる便利な規格です。

医用画像に用いられるPACSとは

PACS(Picture Archiving and Communication System)は、レントゲン検査(単純X線撮影)やCTなどの検査機器(モダリティ)で撮影した医用画像を電子データとして保存、参照ができるシステムです。

また、画像を読影用端末や電子カルテ端末上で参照するためのネットワークシステムを構築できます。

モダリティの高性能化が急速に進んでおり、発生する画像量は過去にフィルム時代と比べる大きく増加しています。

従来、フィルム運用が主流だったころには、撮影した医用画像をフィルムに写して医師が読影を行っていました。

フィルムの管理はフィルム保管庫で保存され、患者の過去の検査画像を閲覧するためには、一回一回フィルムを取り出して読影する必要がありました。

対してPACSでは、大量の医用画像の中から、必要な画像を必要な時に瞬時に参照でき、過去の画像と比較参照も簡便に行えます。また、フィルムの運搬や保存に伴うコスト削減を図ることも期待できます。

PACSは、主に放射線部門で実施される検査の画像の保存や参照に利用されています。そのほかにも超音波検査や内視鏡検査等、様々なベンダーの多様な画像検査機器から発生する画像も保存が可能です。

PACSとDICOM規格とは?

PACSに保存される医用画像はDICOM規格が標準です。

医用画像の分野において、DICOM(Digital Imaging and Communications in Medicine)と呼ばれる標準規格が早期に採用され定着しました。

DICOM規格は、画像のデータフォーマット、ネットワーク上の通信手順、媒体への保存に関する標準の規格であり、異なるベンダーの装置やシステム間で医用画像の送受信がスムーズに行える便利な規格です。

DICOMビューワとは?

PACSで管理されている画像を読影用端末や電子カルテ端末上で参照するには、DICOM規格の画像表示に対応したDICOMビューワで参照します。

DICOMビューワで表示する画像をフィルムと同等またはそれ以上の精度で参照するために、「高精細モニタ」が必要となります。

高精細モニタは、高解像度(100万~500万画素)で、高輝度な医用画像用モニタです。

同画像が表示装置(モニタ)によって見え方が異ならないように、DICOM規格への準拠や、輝度や階調特性などを本来の表示状態に調整する機能(キャリブレーション)対応など機能が搭載されています。

検査の仕組みや、疾患などを解説