アンギオ装置でもCTがとれる!?コーンビームCTについて

CTは、CTの装置でしか撮影ができないのが当たり前でした。

しかし、技術の進歩により、アンギオ(血管造影)装置をCTのように回転させることで、CTのような画像が得られるようになりました。

アンギオってなに?

アンギオとは正式にはアンギオグラフィーと呼ばれ、血管造影検査のことをいいます。

血管造影検査であるアンギオは、心臓の主要血管(冠動脈)だけでなく、頭や頚部の血管、その他さまざまな部分の血管うつしだします。

目的とする血管にカテーテルという細い管を進め、造影剤を入れることで撮影ができます。

さらに血管の中にコイルやクリップ、ステントなどと呼ばれる医療器具を留置する治療を行ったりも可能です。

アンギオ装置でCTを撮ることにどんなメリットがあるの?

アンギオ装置では、従来より平面を写し出す構造になっています。

それにより血管を写し出したところで、複雑な走行をしている血管では、平面でみてもどのような走行をしているのかがわかりづらいことがあります。

走行がわからないままでは、治療や検査ができないばかりか、目的とする血管にたどり着くこともできません。

そこで活躍するのがコーンビームCTです。

アンギオ装置を使ってCTを撮ることで、わざわざCTの部屋に移動しなくても済みます。

アンギオ装置でCTを撮ることで、人体を輪切りにした撮影はもちろん、3次元画像を作り出すこともできるのです。

複雑な走行をしている血管において、平面画像ではわからなかったものが、3次元画像をみることで、前や後ろから走っている様子が直感的にわかるようになりました。

普通のCTと何が違う?

ここで、普通のCTとは、アンギオ装置で撮るコーンビームCTではなく、CT専用の装置としています。

CT装置ではヘリカルで撮影をすることが可能ですが、アンギオ装置ではヘリカル撮影はできません。

CT専用の装置装置と違い、一回の撮影では一回転で入る範囲のみの撮影しかできません。

平面画像に比べるとデメリットもあります

コーンビームCTでは、一回の撮影にかかる時間が長くなります。

そのため通常よりも、被曝が増えてしまう上に、撮影中は造影剤を流し続けないといけないため、使用する造影剤の量が増えてしまいます。

さらに平面像は、医師が手技をしながらリアルタイムで見れますが、手技を一旦止めて撮影に時間をとらなければいけないというデメリットもあります。

単純な走行でわかりやすい血管の場合は、上記のようなデメリットもあるためコーンビームCTを頻回に撮ることはせず、ここぞという場面で撮影をして確かめる、というように利用しています。