何をするの?肺がんの精密検査について

CTなどの検査で肺がんがあるかもしれないと推定されると、確定的な診断をするために、精密検査をして診断します。

確定診断のための精密検査には気管支鏡検査、透視下針生検、胸腔鏡検査などがあります。

組織を採って調べるのが生検

確定診断で肺がんかどうかを確定します。

細胞や組織の一部を採取して調べる方法を「生検」と呼びます。

確定診断では、この生検を行うことで、がんかどうかを確定させます。

気管支鏡検査で生検もします

肺がんの確定診断のための精密検査には気管支鏡(気管支ファイバースコープ)検査は欠かせません。

気管支鏡という胃カメラよりも細い内視鏡を使った検査です。

先端にカメラが内蔵された、太さ5~6ミリのファイバースコープを気管支の中に入れて内部を直接観察します。

異状が疑われた場合には、病理学的検査をするために、鉗子(かんし)というハサミを使って組織を採取したり、ほかの器具を使って細胞を取ってきたりする方法があります。

ファイバースコープは気管支が2~3回枝分かれするところまでしか入りません。

比較的、肺の入り口に近いところに発生した肺門型肺がんでは、気管支鏡から送られる画像を見ながら病巣の広がりをチェックしたり細胞、組織の採取を行います。

気管支鏡検査は苦痛も少なくなっています

検査の前には唾液の分泌を抑えるための注射をして、のどにスプレーによる局所麻酔を行います。口あるいは鼻腔を通してのどから気管支の観察を行います。

気管支鏡検査は苦痛を伴うと思われがちですが、十分な麻酔と検査技術の向上により最近では苦痛も少なくなっています。

透視下針生検

局所麻酔をしたあと、X線検査やCTを見ながら、針を刺す方向や深さを確認し、肋骨の間から針を刺して異状が疑われる部分の組織や細胞を採取します。

組織の採取は、細胞だけの採取よりも量が多くなり、より正確な診断が可能です。

病巣部分が肺の末端にありファイバースコープが届かない部分の細胞を採取するときに、透視下針生検を行います。

針は局所麻酔をして刺します。

肺から胸膜に病巣が達していれば、胸膜を採取、胸水がたまっていれば胸水を採取、首のリンパ節が肥大している場合はリンパ節に針を刺して細胞を採取します。

ただし、針により検査は、がん細胞をばらまくリスクもあります。

がんが肺にとどまっている可能性が高いときには手術をして開胸生検を行うこともあります。

胸腔鏡検査

胸腔鏡検査は、針を刺してもわからないときに行います。

皮膚に1~3か所小さな穴をあけ、そこから胸腔鏡という内視鏡を挿入し組織を採取します。

胸腔鏡検査では局所麻酔で行われることもありますが、しっかりとした組織のかたまりを取ろうと思うと全身麻酔が必要で、患者さんへの負担は少なからずあります。

しかし、疑わしい部分を全てとるため、治療にもつながるメリットもあります。

疑わしい部分をとるときに、空気が漏れること(気胸)の心配はないし、出血もありません。

治療のための手術ができる状態で胸腔鏡検査にのぞみ、検査中に肺がんであることがわかったら、そのまま手術に踏み切ることもあります。

確定診断に伴う合併症について

① 気胸:肺から空気がもれてしまう症状です。皮膚の上から針を刺す針生検では、リスクが高くなります。

② 出血、血痰、喀血:気管支や肺胞などからの出血が起こります。出血が正常な肺に流れ込むことがあるので、止血処理が必要になる場合もあります。

③ アレルギー・中毒:のどの局所麻酔に対する反応です。重症の場合、意識がなくなったりけいれんが起こったりすることもあります。

④ 空気塞栓:肺に針を刺したときに空気が入り、冠動脈や脳血管に詰まることが、まれにあります。

さまざまなリスクがありますが、基本的には命にかかわる合併症はまれです。気になることがあれば、医師や看護師に相談や質問をしましょう。

検査の仕組みや、疾患などを解説