肺がん検診で受けたレントゲンでは見逃す肺がんがある

肺がんの集団検診で用いられる胸部X線検査(レントゲン)や喀痰細胞診。

実はレントゲンや喀痰細胞診は、早期の肺がんでは見逃す可能性もあります。

小さながんはCTが得意です。ここでは肺がんのスクリーニング検査を説明します。

胸部X線検査(レントゲン)

胸部レントゲンは肺がんを発見するのに有効です。

レントゲンは最も手軽に肺がんを調べられる検査で、装置も普及しているので集団検診に利用されています。

ただし、体の真ん中辺りでは骨や心臓などと重なってしまいレントゲン写真上では肺がんが隠れてしまいます。

レントゲンで肺がんがわかりやすいのは肺の末梢部、つまり心臓などの重なりが少ないところです。

つまり検診で胸部レントゲンを撮ったとしても100パーセント結果を信頼することはできないということです。

心臓などの重なりが多い中枢部分の肺がんには、喀痰細胞診やCT検査が有効です。

レントゲン写真では、黒い肺の中に白い影が写ると肺がんの可能性があります。

ただし、影がレントゲンで写ったとしても精密検査を受けないとがんとは断定できません。

肺炎、肺の良性腫瘍、肺結核などの病気でも影として写るからです。

検診で受けるレントゲン検査は、肺に何らかの異常があるかないかを手軽に見つけているだけだと考えましょう。

喀痰細胞診

レントゲンとは対称的に、肺の入り口部分である肺門部に有効なのが喀痰細胞診です。

喀痰細胞診は、採取した痰を痰顕微鏡で見て、がん細胞の有無を調べる検査です。

胸部X線検査(レントゲン)で肺がんの疑いがある場合、喫煙者(ヘビースモーカー)や、咳がよく出る、血痰などの症状がある場合に行われます。

喀痰細胞診の判定はAからEまでの5段階に分類されます。

胸部CT検査

CT検査では胸部X線検査(レントゲン)より精度が高いため、2センチ以下の小さな肺がんがわかります。

その他、肺がんがあった場合の原発巣の様子、リンパ節への転移状況などもおおよそわかります。

現在では、5秒~10秒程度の息止めだけで肺全体を撮影することができます。

従来の肺がんのCT検査で長く息を止めていた頃と比べると短時間で済み、高精細な画像が得られるようになりました。

レントゲンでは撮れないような見たい方向の断面をCTでは撮ることが可能で、臓器を立体化する3D画像も作成可能です。

CTで撮影された画像は肺がんの手術の際にもよく利用されています。

近年では、高分解能CT(高解像度CT)といって1mm程の幅に薄く画像を作成する検査が普通になりました。

従来は10mmの厚みで画像を作ることも多くありました。

これでは直径が5mm以下の小さな肺がんを観察することはできません。

薄く画像を作ることができるCT検査の普及で、直径5mm以下の小さな肺がんや治癒する可能性が高い超早期の肺がんも発見できるようになっています。

検査の仕組みや、疾患などを解説