肺がんについて

肺に影!?肺がんが疑われたらどんな検査するの?診断の流れについて

最初にスクリーニング検査が行われ、肺がんの疑いがあると判定されたときは精密検査が必要です。肺がんが見つかった場合は、ほかの臓器に転移していないかどうかも検査をする必要があります...

詳しくはこちら

何をするの?肺がんの精密検査について

CTなどの検査で肺がんがあるかもしれないと推定されると、確定的な診断をするために、精密検査をして診断します。確定診断のための精密検査には気管支鏡検査、透視下針生検、胸腔鏡検査な...

詳しくはこちら

CTで見つかる肺の影

肺がん検診で影が見つかり要精密検査になるとCT検査を受けるようになります。CTを用いた肺がん検診の普及により、以前だと見つからなかったような小さな影まで発見されるようになりまし...

詳しくはこちら

咳だけじゃない、実はいろんな症状が。肺がんの症状ってどんなの?①

肺がんの自覚症状は咳、痰、血痰、発熱など。止まらない咳や胸痛、喘鳴、血痰、声のかれ、疲労、食欲不振、体重減少などの症状は、単なるかぜだと思って受診しない人も多いです。発熱がない...

詳しくはこちら

咳だけじゃない、実はいろんな症状が。肺がんの症状ってどんなの?②

肺がんの自覚症状は咳、痰、血痰、発熱など。止まらない咳や胸痛、喘鳴、血痰、声のかれ、疲労、食欲不振、体重減少などの症状だけではありません。実はあまり知られていないような、食...

詳しくはこちら

肺がんと間違いやすい7つの病気

肺がんの症状としては長引く咳、痰、血痰などがありますが、特徴的な症状ではありません。また、早期の肺がんでは症状がないものもあります。画像診断でも似ている病気との鑑別が難しい...

詳しくはこちら

肺がん検診で受けたレントゲンでは見逃す肺がんがある

肺がんの集団検診で用いられる胸部X線検査(レントゲン)や喀痰細胞診。実はレントゲンや喀痰細胞診は、早期の肺がんでは見逃す可能性もあります。小さながんはCTが得意です。ここで...

詳しくはこちら

病期診断は治療方法を決めたり予後を予測するために必須

肺がんの治療法を決める際、がんの進行度である病期も明確にしなければいけません。病期を決める要素は3つ。1つは最初に発生したがんの大きさ広がり具合である原発巣そのものの進展度。2つ...

詳しくはこちら

あなたは肺がんではありませんか?

早期の肺がんには特に症状はありませんし、かなり進行しても症状が出ないことだってあります。少しでも肺がんを疑うことがあったら、1日でも早く受診して検診を受けましょう。肺がんは...

詳しくはこちら

胸部CTで見つかった肺の影。もしかして悪性?

胸部単純撮影で肺に影が見られた場合、精密検査としてCT検査はかなり重要な位置にあります。肺癌に対するCT検査の役割は、「肺癌が疑われる人の肺に影がないかを調べること」、「肺に見つ...

詳しくはこちら