認知症について

40代でも安心できない?65歳以上の3分の1が認知症か認知症予備軍

認知症は老化とは異なります。認知症は脳に老廃物が溜まり脳が萎縮した状態です。認知症はいわゆる生活習慣病だと言われます。老化が進んでいない40代でも大いに認知症のリスクは潜んでいま...

詳しくはこちら

【見逃されやすい認知症】アルツハイマーに次いで多いレビー小体型認知症

認知症は、アルツハイマー型が最も有名で、認知症の半数がアルツハイマー型認知症だと言われています。そして、2番目に多いのがレビー小体型認知症。1996年に診断名が確定されたばかりな...

詳しくはこちら

見逃していない?レビ―小体型認知症の症状と見逃しやすい理由

認知症といわれると記憶障害を思う浮かべるかもしれませんが、レビ―小体型認知症には、多彩な症状があります。レビ―小体型認知症に代表される症状には以下のものがあります...

詳しくはこちら

認知症を正しく診断するためのCT検査の必要性

CT(コンピュータ断層装置)検査は、X線検査の一つで、現在の医療では欠かせない役割を担っています。CT検査は、全身の検査が可能で、がんや炎症など様々な疾患を写すことができる検査で...

詳しくはこちら

認知症検査におけるMRI検査はどんな特徴?

MRIについて簡単な説明からMRIは(磁気共鳴断層撮影装置)といい、強力な磁力と電波を当てることで、さまざまな角度からの断面図が得られる検査です。CTよりも多彩な脳の変化...

詳しくはこちら

【認知症の検査】RIを使ったSPECT(スペクト)検査とは【脳血流シンチ】

初期の認知症では、CTやMRI検査を行っても萎縮がはっきりしません。萎縮という形で脳の機能低下がわかるのは、ある程度認知症が進んでからです。初期の認知症をはっきりとらえられるのは...

詳しくはこちら

レビ―小体型認知症の診断に有効なMIBG心筋シンチグラフィー

レビ―小体型認知症は、アルツハイマー型と間違われやすい認知症です。認知機能テストや、CT検査やMRI検査などの画像検査を行っても、レビ―小体型なのかアルツハイマー型なのか、判断に...

詳しくはこちら

アミロイドPETで認知症になる前に認知症を発見する

認知症の診断ははっきりしないアルツハイマー型認知症は、物忘れがひどくなることでわかりますが、いつから発症したのかを本人や家族に尋ねても、はっきりしません。アルツハイマー型...

詳しくはこちら