乳がん検査のMRIやCTって何が違うの?

乳がんのMRI検査によって、乳がんの大きさなどの状態を知りの切除範囲を決めるのに役立てます。対して、乳がんに対するCT検査ではリンパ節転移や、ほかの臓器に遠隔転移していないかなどを調べます。

【ドクターベジフル青汁】

乳がんのMRI検査

組織診で乳がんと確定診断が出たら、治療に進む前にMRI検査やCT検査などを行ないます。乳房MRIによって、腫瘍の大きさ、数、位置、浸潤の程度、ときにはリンパ節への転移を見きわめ、乳房の切除範囲を決めるのに役立てます。

乳がんのCT検査

CT検査はリンパ節転移のほか、脳や骨、肝臓などほかの臓器に遠隔転移していないかなどを調べます。ただしリンパ節への転移についてのはっきりとした診断は、センチネルリンパ節生検で判断します。

MRI検査では乳がんの大きさや位置、浸潤の程度を判断

磁場と電波を利用してあらゆる断面を撮影することのできるMRI検査では、ガドリニウムという造影剤を血管内に注射して検査を行ないます。

乳がんは血液から栄養を補給して成長していきます。造影剤を注入すると、造影剤が血液と同じように乳がんへ流れ込み、染み込む様子を映すことができます。乳がんの位置や広がり具合を正確に検査することができます。これによって手術で切除すべき範囲が特定できます。

また術前化学療法後に、再び造影MRI検査を行なうことで、どれくらい乳がんを小さくできたかを確認することもできます。

CT検査では、他の臓器などへ転移していないかを判断

CT検査は人体を輪切りにしたように細かくX線撮影する検査方法です。肺や肝臓など、ほかの臓器へのがんの転移を調べることができます。

近年、3Dで撮影することができるマンモグラフィが登場しています。方向を変えて撮影したデータを集めて3次元に再構成することで、病変部をよりくわしく見ることができるのが特徴です。

MRI、CT以外の検査

〇超音波検査

人の耳では聞こえることのない高周波の音を臓器に当てて、音の反射を利用して画像化する検査でエコー検査とも呼ばれます。超音波を用いているので、被ばくの心配はなく、妊娠している人でも検査することができます。乳房にできたしこりがどのような性質か、しこりの内部まで調べることができます。ただし、超音波検査では、検査をする人によって技術の差がでやすいのがデメリットです。

〇トモシンセシス

マンモグラフィを3Dで撮影する装置です。断面像をみることができ、マンモグラフィよりも詳しい情報を得られます。

〇骨シンチグラフィ

がんが骨に転移しているかどうかを調べる検査です。RIという、骨の異状に取り込まれる性質をもつ放射性物質を血管に注入して撮影します。

〇PET検査/PET-CT検査

がんの転移がないか全身を調べる検査です。がんが増殖するときに多くのブドウ糖を取り込むため、ブドウ糖に似た放射性物質を注入して、撮影します。

〇乳腺PET検査

PET検査で使用するブドウ糖と似た放射性物質を注射して、マンモグラフィのように乳房を挟んで撮影する検査です。乳がんと診断されたときに精査として行うことの有用性は証明されていません。

〇腫瘍マーカー

がんが発症すると、血液中に健康なときには存在しない物質があらわれたり、ふだんからある物質でもその量が異常に増えたりします。この物質を腫瘍マーカーといい、乳がんでは血液検査でCA-15-3、CEA、NCC-ST-439、BCA225の4種類の腫瘍マーカーの数値を調べることで、乳がん細胞の存在を調べることができます。

ただし腫瘍マーカーは早期がんでは数値上昇がみられないことが多く、がんの診断には用いられず、転移したときにおもに用いられます。

検査の仕組みや、疾患などを解説